心 ときめくままに……

花の四阿 写真館

私の震災体験 4  sinyaさんの手記より

さくらぱんが個人的にお願いして、震災体験のブロ友さんの手記をお預かりしました。
内容を確認した上で、ご本人様のご好意で、了承を得て手記を公開しています。

ご本人様の心の整理の為に徒然に書いている実話です。
問い合わせ・苦情は一切受け付けません。
                                    
尚、本人のご希望により、地名・ハンネは変更していますが、
手記の雰囲気を壊さないよう、今回も極力 手は加えていません。
ご了承ください。
                                        2016.11.27.. さくらぱん

登場人物ご紹介

 …心也さん -sinyaさん-手記を書いた本人   sinyaさんの想い
                震災当日は、出張中で関西に居ました。
                震災当時、今の奥様との結婚式を間近に控えた20代の会社員                
                三陸の故郷を愛し、震災で変わってしまった故郷に
                心を痛めている。
                それでも変わらないものを探し続けています。
                未だ 復興にむけて歩む故郷を、少しでも応援したい。
                当時の体験を、後の世に伝えていかねばならないと考えて
                手記を「花の四阿」に寄せてくれました。
                
彼女…心也さんの今の奥様。当時は婚約者。
                震災当日は、三陸の故郷に居ました。 

父親…心也さんのお父さん
                震災当日は、仕事の関係で東京に居ました。 

あとは、説明無くても読めるかと思います。


 






とりあえず自分の家族の安否は確認できました。
でも、状況は何も変わっていません。


東北新幹線は、復旧のめどが立っておらず……
東北自動車道も使えません。

車で向かうにもガス欠の恐れと
被災地近くの道路を一般車両が通過できるのか?
乏しい少ない情報しかありませんでした。


当時の状況は、岩手県の盛岡-宮古間を繋ぐ国道106号線は
一般車両を制限し、緊急車両しか通行できませんでした。

また地震の影響で物流が滞り、ガソリンスタンドにガソリンが無く
被災地に近いほどガソリンスタンドで給油制限が掛かっていて給油できませんでした。

そして何故か被災地とは程遠い関東でも物資がありませんでした。
ガソリンスタンドでのガソリン不足や食料品店での品不足が発生していました。
流通が滞っていたわけではなく関東の人たちも震災に怯え
今後に備えるべく食料の備蓄やガソリン補給に走ったのでしょう。
それほど衝撃的な大災害だったんです。


震災の翌日も結局、何もすることが出来ず
もどかしさと焦燥感が募ります。
終業後、会社近くのホテルで休むことになりました。

そして、その翌日も会社で何も変わらぬ状況の中
ただただ時間だけが過ぎて行きました。


午後になって自宅に帰れない私を慮って社長が、
私を岩手に帰宅させる方法を模索し始めたのです。

陸路、空路、あらゆる手段をシュミレーションして
最終的に決まったのは、やっぱり車での移動でした。

東京から、関越自動車道で新潟県に抜け
そのまま沿岸部を北上し、山形県、秋田県を経由して
日本海ルートで、混乱する岩手被災地・太平洋沿岸部に入るというもの。

心配されたのは、ガソリンの給油と岩手県内の被災地の道路状況。

出発前に、社長に何度も言われたのが

「無理だと思ったら引き返せ」
でした。


社長が私の岩手行きを決めた理由は、もう一つありました。

被災して家を無くし、
住む場所が無く会社で寝泊りしている従業員と家族へ、
食料品などの支援物資を届けること。


出発日の当日、近くのスーパーで保存のきく缶詰など
買えるものを出来るだけ買い込みました。
もう一人、 実家が釜石の営業の方と一緒に被災地へと会社を出発しました。

それが3月13日の日曜日の夕方のことです。
走り始めてから間もなく、どちらともなく二人で交わした会話です。

「社長は引き返せと言ったけど、無理してでも行こう」 
と。

私たちは、強い決意と熱い使命を確かめ合いました。
途中、何度も運転を代わりながら、私たちは岩手へと向かいました。

何としてでも辿りつくんだ!

想いは、二人とも一緒でした。

故郷・岩手へ……





・・・続く


初稿 2014/11/07のメッセージ
ブロ友・sinyaさんの手記より




いつも忙しいのに、手記を届けていただきありがとうございます。
催促してすみません。

私も手記を読みながら、当時を思い出していました。
遠く影響がない場所でも、食料不足。ガソリン不足だったんですね。

臨場感ある文章。
当時の混乱が伝わってきます。

先日、11月22日の朝の地震
当時をまざまざと思い出したことは、言うまでもありません。
まだまだ沿岸部は危険にさらされているという警鐘でしょうか?

また続きを書いてくれると嬉しいです。
私も、何か残そうかな。
記憶が薄れそうで怖いです。

心也さん
ありがとうございました。

2016.11.27.
さくらぱん


関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 伝えたいこと    ジャンル : ブログ
  1. 【震災体験】私の震災体験  sinyaさんの手記より
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

表示中の記事

  • 私の震災体験 4  sinyaさんの手記より
  • 2016年11月29日 (火)
  • 06時25分31秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy

写真館・もくじ

検索フォーム

DSCN0492-20150412-2.jpg

リンク (写真関係)

下記は、別窓で開きます。       ☆HP・サイト ご紹介                                                                                ◆コラボしてくれたお友達          ○その他のリンク                                                                                                          

このブログをリンクに追加する

今日のお月様は?

« 2017 08  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

現在の位置

花の四阿 写真館
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2016年11月 29日 (火)
  ├ カテゴリー
  |  └ 【震災体験】私の震災体験  sinyaさんの手記より
  └ 私の震災体験 4  sinyaさんの手記より

プロフィール

写真館 さくらぱん

Author:写真館 さくらぱん
いらっしゃいませ~♪
こちらは、「花の四阿」の写真館です。
お気に入りの写真を中心にお届けしています。

コミュニティでUPした写真を中心に、ときめきのままに……楽しく撮影しています。

どれか一枚でも貴方のお気に召しましたら、とても嬉しく思います♪

このブログは、リンクフリーです。
ご自由にお持ち帰りくださいませ♪

flowerbanner0002-花の四阿写真館

http://sakurapan0416.blog.fc2.com/

2015.10.15.さくらぱん

わきゃっΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

思いもよらぬ……使用カメラのご質問。 基本コンデジです。

メインは、Nicon COOLPIX・S6400 過去作品は、富士フィルム FinePix F700 

只今、遅々とお勉強中です。

ブロとも一覧

☆コミュご紹介☆

FC2写真コミュ(会員限定公開) 2014110117240657c空2                ;   FC2言の葉と写真コミュ(会員限定公開) ~Share with you~                ;   天文写真コミュ(誰でも閲覧可能) 2014110117240828f-20150523_2015060611570730f.jpg

バナーは、I shoot a day-to-day ~軌跡~ 様と百花繚乱様の無料素材より、お借りしています。

カウンター & ご訪問御礼

現在までの総閲覧者数:   現在の閲覧者数:

☆ご訪問御礼☆ 9000人のお客様をお迎えしました。ゲストの皆様、ご訪問ありがとうございました。 9100番のキリ番を踏まれたと思われる方は、こちらをお読みください。



.